シミのレーザー治療をうける前に知っておきたい事

シミを消すのに即効性が期待できる美容皮膚科のレーザー治療ですが、うける前に知っておきたい事がいくつかあります。

シミのレーザー治療を受けた後には正しいアフターケアが必要ですし、普段の生活の中でも注意したい事があります。

間違ったケアをすればシミが悪化してしまう可能性もあるので、事前に正しい知識を持っておきましょう。

美容皮膚科でレーザー治療を受ける前には、その後どのような経過をたどるのかを知っておくことが大切です。

レーザー治療を受ければすぐにシミが消えて、キレイな肌になるわけではありません。
施術を受けた直後のシミは、施術前よりも濃くなり茶褐色になっています。
これは一時的なもので心配はありません。

シミのあった皮膚がレーザー治療によってかさぶたとなり、新しい皮膚へと生まれ変わろうとしているのです。

ですからレーザー治療を受けた直後には、患部を清潔に保つことが大切です。
軟膏やガーゼなどが皮膚科から処方されるので、自宅でもこまめに軟膏を塗りガーゼや絆創膏で患部のお手入れをしていきましょう。

患部を覆い乾燥から防ぐことで、スムーズに皮膚組織が修復されるので色素沈着も起こりにくくなります。

軟膏を塗る時には、決して皮膚をこすってはいけません。

やさしく塗ることが大切で、清潔を保つためにはこまめにガーゼと絆創膏を取り換えることも大切です。

レーザー治療から3日から5日くらい経つと、かさぶたが出来てきます。
ここで大切なのが、かさぶたをはがさないことです。

かさぶたをはがしたくなる人もいるかも知れませんが、ここで無理にはがしてしまうとせっかく修復されている皮膚まで一緒にはがれてしまいます。
炎症や色素沈着が起こる可能性があるので、かさぶたが気になっても決して触ったり掻いたりなど刺激を加えないようにしましょう。

1週間から2週間経過すれば、かさぶたも自然にはがれて薄い新しい皮膚が再生されてきます。

この時期の皮膚はとてもデリケートです。

紫外線から守るためにこまめに日焼け止めを塗り、低刺激の化粧品を使って保湿ケアもこまめに行いましょう。

レーザー治療から1か月から3か月経過すれば、少しずつ皮膚が厚くなってきます。
かなり周囲の皮膚となじむようになってきますが、さらに紫外線対策と保湿ケアを続けていきましょう。

レーザー治療を受けたら特に直後のお手入れが大切で、刺激を与えないよう丁寧にお手入れしていきましょう。

皮膚が徐々に再生されていく期間は紫外線対策と保湿ケアが大切で、これがレーザー治療の効果も左右します。

【顔のシミを消す化粧品】評価の高いものはコレ!

シミがあると見た目年齢もグンとアップしてしまいます。
老けた印象を与えてしまうシミは一刻でも早く消してしまいたいですが、シミを消してくれる化粧品はあるのでしょうか。

顔のシミに期待できると評価の高い化粧品はどれなのかご紹介しましょう。

シミが出来てしまったら出来るだけ早く対処することが大事です。
シミというのは肌の奥にも隠れています。

つまりシミ予備軍がいて、これがどんどん皮膚表面に現れてくるのでシミが一度出来ると次々と増えていきます。

年齢とともにシミがどんどん増えるのは、若い頃から肌内部に蓄積されていたシミ予備軍が次々と肌表面に現れてくるからです。

ですからシミが1つでも出来たら早めの対処が必要で、今あるシミを消すお手入れと同時にシミ予備軍のケアも必要になってきます。

シミを確実に即効で消すためには美容クリニックのレーザー治療がおすすめですが、値段も高額ですから気軽に受けられるものではありません。

市販の化粧品でも有効成分がしっかりと配合されたものであれば、シミにも期待できます。

ドラッグストアなどには美白化粧品がズラッと並んでいますが、配合されている成分は商品によってまちまちです。

シミへの効果を期待するなら、どんな成分がシミを消すのに有効なのかを知っておく必要があります。

美白有効成分として知られるのが、ハイドロキノンやアルブチン、ビタミンCなどです。

中でもシミを薄くするのに期待できる成分はハイドロキノンです。
ハイドロキノンは皮膚の漂白剤と言われるほどにシミを消すのに効果が期待できる成分です。

シミへの効果が謳われた美白化粧品にはハイドロキノンがよく配合されていますが、商品によりその濃度はさまざまです。

アルブチンやビタミンCも美白化粧品の定番の成分です。

アルブチンとビタミンCは、シミの元となっているメラニン色素の生成を抑制する作用があるようです。

シミを消すというよりも、シミ予備軍を抑制したりシミ予防に期待できる成分です。

毎日の紫外線対策として取り入れたい成分です。

以前は医師の処方がないと使用できなかったハイドロキノンですが、今では市販の化粧品にも配合できるようになっています。

美白化粧品全てにハイドロキノンが配合されているわけではないので、シミを消したい方はハイドロキノンが配合された化粧品を選ぶのがおすすめです。

出来てしまったシミに強力にアプローチしてくれるのがハイドロキノンです。

ハイドロキノンと同時にアルブチンやビタミンCもバランスよく含まれた化粧品を選ぶと良いでしょう。

シミの効果的な治療法には何がある?

年齢を重ねるほどに肌トラブルが増えますが、中でも大きな悩みとなるのがシミです。

若い頃には少しくらい日焼けをしても、すぐに透明な肌に戻っていたのに30代くらいからシミが多発してきます。

メイクでも隠しきれないシミに対して効果的な治療法はあるのでしょうか。

一度出来てしまったシミはなかなか自宅でのお手入れでは解消できません。

ビタミンCやアスタキサンチンなどの美白作用のある成分が含まれたサプリメントや美白化粧品があります。

これらのサプリメントや化粧品に期待できるのは、シミを予防する程度かもしくは悪化させないくらいの効果です。

出来てしまったシミに効果的なアプローチが出来るのは、やはり美容クリニックでの治療です。

美容クリニックではシミに対してピンポイントでアプローチしてくれる施術があります。
シミに効果的な治療法にはいくつかの種類があり費用もさまざまです。

美白サプリや化粧品よりも高額な費用がかかりますが、なんと言ってもスピーディな効果が期待できるのが魅力です。

美容クリニックで行われている、シミに効果的な治療法にはレーザー治療やフォトフェイシャルやIPL治療などがあります。

中でも高い効果が期待できるのがレーザー治療です。
費用もそれだけ高額になります。

老化により出来るシミにも、浅い場所や深い場所にあるシミにもしっかりとアプローチして消してくれます。
一度の施術でシミを消すことができますが、施術中にはある程度の痛みがあります。

また、施術後にもある程度の期間は患部を絆創膏などで隠す必要があります。

レーザー治療よりも肌に優しいのがフォトフェイシャルです。

周波数の違うさまざまな光を皮膚に照射して徐々にシミにアプローチしていく施術です。

施術中の痛みもほとんどなく肌に優しいことがメリットですが、レーザー治療ほどの即効性は期待できません。

IPL治療も光を照射する施術で、コラーゲンの生成を促進してシミだけでなくニキビやくすみなどの総合的なエイジングケアが期待できます。

IPLの光は、正常な皮膚には反応せずにメラニンなどのトラブルがある部分だけに反応します。

安全性も高い施術なので初めての方でも安心して受けることができます。

また美容クリニックのシミ治療では、塗り薬の処方もあります。

市販されている美白クリームよりも濃度が高いハイドロキノンやトレチノインなどの薬が処方してもらえます

シミに効果的な治療は美容クリニックで行われています。

レーザー治療などの施術以外に薬の処方もあり、市販のサプリや化粧品よりもスピーディな効果が期待できます。

シミの原因と対策

一度できるとなかなか消すのが難しいのがシミです。
シミ対策のコスメやサプリメントなどさまざまなアイテムがありますが、まずはシミが出来る原因を知ることが大切です。

シミが出来る原因と正しい対策方法をご紹介しますので参考にして下さい。

シミ一つない透きとおるような美肌は女性の憧れですが、それを実現するためには正しい知識と正しいお手入れが必要です。
女性を悩ませるシミですが、シミが出来る根本的な原因はメラニンが過剰に作り出されるからです。
メラニンは肌内部にあるメラノサイトによって作られるものです。
外部からの刺激を受けた皮膚は、メラノサイトに対してメラニンを作るようにと命令します。
それは、メラニンには外部からの刺激から皮膚を守ってくれる働きがあるからです。
DNAが破壊されたり皮膚がんを防ぐために欠かせないメラニンですが、過剰に生成されることが問題です。

過剰に作り出されたメラニンは皮膚で色素沈着を起こしてシミとなってしまうのです。
メラニンを過剰に生成させてしまう外部刺激を取り除くことでシミが防げるわけですが、その外部刺激とはまず紫外線です。

紫外線の中でも特に波長の短いUVBは、皮膚細胞を直接攻撃してDNAにダメージを与えてしまいます。

ですから紫外線を浴びると細胞を守るためにメラニンが大量に生成され、シミが出来やすくなります。

また、体内で発生する活性酸素もメラニンを生成させる原因となります。
喫煙やストレス、飲酒や激しい運動、食品添加物、睡眠不足、排気ガスなどが体内の活性酸素を発生させる原因となります。

他に、炎症によって出来るシミもあります、
ニキビはその代表的なもので、他に日焼けや湿疹などもシミの原因となります。

シミの原因にはさまざまなものがありますが、やはりシミの要因となるのは紫外線です。
シミ対策には紫外線対策が欠かせませんから、特に春から夏にかけての紫外線が強い季節にはUV対策をしっかりと行いましょう。

日焼け止めや日傘、帽子などで紫外線対策が出来ます。
日焼け止めはこまめに塗りなおすことが大切です。

これらの紫外線対策をしても100%防げませんから、ビタミンC誘導体などのメラニンにアプローチしてくれる美白コスメでお手入れすることも大切です。

また内側からのケアも大切ですから、ビタミンCやリコピン、アスタキサンチンなどのシミ対策に効果的な食事やサプリもおすすめです。

さらに十分な睡眠やストレスを溜め込まないことも、シミを防いで美肌を保つためには大切なことです。

シミの根本的な原因はメラニンですが、正しいお手入れやUV対策でシミは予防できます。
夏場は紫外線量もグンと増えますから、しっかりとUVケアを行ってシミを防ぎましょう。