食べ物に気をつけると肌のシミが消える

肌のシミは普段食べている食べ物も大きく影響しています。
紫外線だけがシミの原因ではなく、シミを出来やすくする食べ物や反対にシミを薄くしてくれる食べ物もあります。
シミのない透明な肌を目指すためにおすすめの食べ物と、注意したい食べ物をご紹介しましょう。

年齢とともにターンオーバーのサイクルが乱れシミも発生しやすくなるのですが、外側からのケアと同時に内側からのケアも大切になります。
内側からのケアではやはり毎日の食生活がとても大切です。
シミを薄くする働きのある栄養素がありますから、その栄養素を多く含む食べ物を積極的に食べることでシミを薄くしていくことができます。
シミ対策に期待できる栄養素はビタミンCです。
ビタミンCには、シミの元となっているチロシナーゼと言う酵素の働きを阻止してメラニンの生成を抑制する作用があります。
さらに優れた抗酸化作用もあるので、活性酸素により生成されるメラニン色素によるシミの発生も予防できます。
レモンや赤ピーマン、パセリやアセロラ、柚子や芽キャベツなどにビタミンCが豊富に含まれています。
ビタミンEの100倍もの抗酸化作用を持つリコピンも積極的に摂りたい栄養素です。
紫外線による肌ダメージを修復してくれるのに役立ちます。
トマトやトマトケチャップ、トマトピューレ、すいかなどにリコピンが豊富です。
他に、強力な抗酸化作用を持つエラグ酸を豊富に含むイチゴやラズベリー、パイナップルなどもおすすめです。
エイジングケアで有名な、圧倒的な抗酸化作用を持つアスタキサンチンもシミ対策では積極的に摂りたい栄養素です。
桜エビや紅鮭、クルマエビ、サーモンなどに豊富に含まれています。
肌のシミを予防、改善していくためには控えたい食べ物もあります。
シミに良くないとされる食べ物は、白砂糖、カフェイン、そしてさまざまな食品に含まれている保存料です。
大量の白砂糖はシミの要因となります。
身体を冷やす作用もあり、シミが残りやすくなります。
カフェインには、メラニンを拡散させる作用があるので摂りすぎは危険です。
加工食品にはまず添加されている保存料にはリンが大量に含まれていますが、これがシミの悪化につながります。
白砂糖もカフェインも保存料も100%排除するのは難しいですが、シミを薄くしないなら控えるようにしましょう。

シミに効果的な食べ物は、ビタミンやミネラルなども豊富でシミ以外に美容や健康にも良い食べ物です。
反対にシミの悪化につながる食べ物は、美容と健康のためにも控えたい食べ物なので注意してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です