シミと皮膚がんの関係

紫外線を浴びることがきっかけで発生するシミですが、皮膚がんも同様に紫外線が大きく関係しています。
皮膚がんと一口に言ってもさまざまな種類があり紫外線だけが原因ではないのですが、紫外線は大きく影響しています。
シミと皮膚がんの関係や、見分け方などについて詳しくご紹介しましょう。

皮膚がんにはさまざまな種類があり、大きく6つに分類されています。
この6つの皮膚がんの中でも日本人にもっとも多く見られるのが基底細胞がんです。
表皮の最下層である基底層の基底細胞や毛の細胞が悪性化することで発生し、紫外線を浴びることが原因とされています。
手のひらや足の裏には発生せず頭や顔などに発症しやすいがんで、通常のガン年齢よりも高齢者に多くみられる傾向があります。
進行はとても緩やかで、そのまま放置しておけば筋肉や骨などにも浸潤しますが、リンパ節や内臓などまで転移することは稀です。
他にメラノーマとも言われる悪性黒色腫もあります。
これは表皮の基底部にあるメラニン色素を作り出す細胞のメラノサイトや母斑細胞(ぼはんさいぼう)と言われるほくろの細胞が悪性化したものです。
メラノーマは小さな初期段階から移転しやすい皮膚がんです。
血液やリンパなどを通り全身に移転する危険性もある、皮膚がんの中でも最も凶悪なガンと言われています。
他にも表皮の有棘層にある細胞から発生する有棘細胞がんや、紫外線を浴び続けることで発症する日光角化症などもあります。
この中で、顔のシミと間違えやすいのは基底細胞がんとメラノーマです。
どのように区別すれば良いかと言えば、大きさや色むら、形、隆起の程度などが目安となってきます。
一般的なシミでも2センチ3センチほど広がることはありますが、あまり大きく広がるものは注意が必要です。
また形がいびつだったり色むらがあるなど、いつものシミとは違う形のシミが出来たら早めに病院で診てもらうことが大切です。
皮膚がんの中には紫外線に当たらなくても発生するものもありますが、皮膚がんの予防には過度に紫外線を浴びないことが何より大切です。
紫外線を浴びると細胞を守るために生成されるのがメラニン色素で、ターンオーバーのサイクルの乱れなどにより皮膚に蓄積されたものがシミです。
紫外線を過剰に浴びることは、シミの多発につながると同時に皮膚がんの危険性も上がることを知っておきましょう。

基底細胞がんやメラノーマは、見た目がシミと似ているので注意が必要です。
早期発見と早期治療が大切なので、いつもとは違う気になるシミがあったらすぐに皮膚科に受診しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です