シミのメカニズムを分かりやすく解説します

年齢とともに増えてくシミは、どうして発生してしまうのでしょうか。
シミをこれ以上増やさないためには、まずはシミが発生するメカニズムを知っておくことが大切です。
シミが出来るメカニズムを出来るだけ分かりやすく解説しますので参考にして下さい。

私たちの肌は、厚さ0.1ミリから0.3ミリという非常に薄い表皮という部分や、その下にある真皮と言われる部分で構成されています。
シミはとても薄い表皮の中で発生しています。
表皮はさらに、表皮細胞のケラチノサイトや色素細胞のメラノサイトなどの4つの層に分かれています。
シミが出来てしまうのは、紫外線を浴びるなどの外部からの刺激から肌を守るためにメラニンが生成されるからです。
表皮が紫外線を浴びると、まず色素細胞のメラノサイトに信号が送られます。
信号を受けたメラノサイトでは、メラニンと言われる色素が生成されることになります。
メラニン色素は、各細胞を紫外線から守る働きがあります。
メラニン色素が生成されるとすぐにシミになるわけではありません。
表皮の一番下には基底層と呼ばれる層があり、ここから表皮細胞が分裂して皮膚のターンオーバーが行われています。
基底層から徐々に新しい細胞が上に押し上げられていき、古い角質は垢となって剥がれ落ちていきます。
このターンオーバーのサイクルは正常であれば28日ほどで行われており、紫外線を浴びて生成されたメラニン色素も古い細胞と一緒に剥がれ落ちていきます。
通常の日焼けであれば、このターンオーバーによって1か月程度で消えていくはずなのです。
問題となるのは長い時間または強い紫外線を浴びることや、加齢やストレスなどによりターンオーバーのサイクルが乱れることです。
長い期間をかけて蓄積されたメラニンや、強い紫外線を浴びるとそれだけメラノサイトの数が増えていきメラニン生成も活性化します。
それに加えてストレスや加齢などによりターンオーバーのサイクルが乱れれば、メラニン色素が滞留してしまいます。
たくさん生成されて滞留されるメラニンが色素沈着を起こすのですが、これがシミと呼ばれているものです。
メラニンはシミの原因となる悪者のように思われていますが、実はメラニン自体は紫外線から細胞を守ってくれる大切なものです。
強い紫外線を浴びることやターンオーバーの乱れがシミの要因となっているのですね。

シミの一番の原因は紫外線ですが、ターンオーバーがスムーズであればシミは発生しません。
しかしストレスや加齢でどうしてもターンオーバーはゆっくりになるので、紫外線対策が必須になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です