シミの「でき始め」の正しい対処法

女性の大きな悩みとなるシミですが、シミは出来るだけ早く正しく対処することが大切です。
シミの出来始めに正しく対処するためには、シミの種類についても知っておく必要があります。
シミにはいくつかの種類があり、それぞれ対処法も違ってきます。

シミと一口に言っても、実はさまざまな種類があります。

大きく分けてシミは6つの種類に分けることができると言われています。
シミが出来てしまったら、でき始めに素早いケアをすることが大切ですが、シミの種類のよって適切な対処法が違うので注意が必要です。

シミへの対処法と言えば、美白化粧品を使ったお手入れが一般的です。

しかし、シミの種類によってはこの美白化粧品が効きにくいタイプもあるのです。
さまざまな種類があるシミですが、最も多いタイプが老人性色素斑と言われるシミです。

老人性という名前がついているので中高年特有のシミと思ってしまいますが、老人性色素斑は20代からでも出来始めます。

というのも老人性色素斑は、日焼けの積み重ねによって発生するからです。
老人性色素斑の場合、でき始めの初期段階であれば美白化粧品でのお手入れが有効です。

また、ピーリングも有効です。
しかし、しっかりと定着してしまった老人性色素斑は、皮膚の奥深い部分にメラニン色素があります。

皮膚の構造そのものが変化してしまっているのでいくら高額な美白化粧品を使ってもシミを解消できないことがほとんどです。

こうなると美容皮膚科でのレーザー治療でないと解消できないでしょう。
夏の海などで急激な日焼けをすると、肩や背中などに花弁状色素斑と言われる花びらのような形状のシミが出来ます。

一度の強い日焼けで発生するシミで、このタイプのシミは美白化粧品ではほとんど対処できずレーザー治療が有効です。

夏のアウトドアでは徹底したUVケアが必要となります。
他に、女性ホルモンバランスの乱れで発生する肝斑と言われるシミもあります。
妊娠中の女性や更年期の女性に多く見られる薄い茶色や灰色のシミで、頬骨や額などに左右対称に発生することが多いです。

このタイプのシミは、美白化粧品が有効です。
特にトラネキサムサンがおすすめで、美容皮膚科で処方される内服薬がおすすめです。
ピーリングやビタミンCイオン導入も併用すればさらに効果的です。

シミに気づいたらそのまま放置しないで、出来るだけ早く正しい対処を行うことが大切です。
シミにはさまざまな種類があるので、やはり皮膚科医に診てもらうのが一番安心で確実でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です