ターンオーバーとシミの関係

シミをはじめ、しわやたるみなどのエイジングの悩みは肌のターンオーバーと深い関わりがあります。
ターンオーバーと言う言葉はよく耳にするけど、詳しい意味を知らない人も多いのではないでしょうか。
ターンオーバーとはどのようなものなのか、またシミとの関係について詳しくご紹介しましょう。

私たちの肌は、常に一定の期間をかけて剥がれ落ちてはまた新しい皮膚へと生まれ変わっています。
怪我をした時には分かりやすいですね。
傷を負った部分はやがてかさぶたになって剥がれ落ち、やがて元のきれいな肌になります。
このような肌の生まれ変わりのサイクルのことをターンオーバーと言います。
このターンオーバーが起こるのは肌の表皮部分です。
肌は3つの構造になっており、肌表面から順番に表皮、真皮、皮下組織で構成されています。
ターンオーバーが起こる表皮はさらに角質層、顆粒層、有棘層(ゆうきょくそう)基底層の4層構造になっています。
まず、一番下の層である基底層で新しい細胞が誕生します。
そして分裂を繰り返しながら顆粒層、有棘層、さらに角質層まで新しい細胞が到達していきます。
一番表面にある古い角質層は押し上げられるように垢となり剥がれ落ちていきます。
そして新しい肌細胞が表皮となるのです。
この一連の細胞の生まれ変わりがターンオーバーで、常に強い角質バリアを維持するためにとても大切な働きを担っています。
このターンオーバーは、身体の部位によっても年齢によってもその周期が異なってきます。
ターンオーバーの周期は、顔は早めで手足などの身体の先端に行くほどにゆっくりになります。
顔のターンオーバーの目安は28日から56日と言われています。
代謝の活発な若い人ほど早く、代謝が落ちる中高年になるとターンオーバーもゆっくりになります。
30代から40代くらいになるとターンオーバーが45日前後になると言われています。
シミが出来てしまうのは、紫外線などの外部からの刺激を受けて角質層でメラニン色素が大量に発生してしまうからです。
しかし若い頃ならターンオーバーがスムーズなので、日焼けをしても古い角質と一緒にメラニン色素も剥がれ落ち、シミにもなりにくいのです。
30代くらいからはターンオーバーもゆっくりになるので、古い角質もなかなか排出されにくくなりますからメラニン色素も残りやすくなります。
紫外線の影響も受けやすくなり、肌のくすみやシミも発生しやすくなるというわけです。

30代40代くらいからは肌の代謝サイクルであるターンオーバーもゆっくりになりシミも残りやすくなります。
シミなどのエイジングの悩みはターンオーバーと深い関わりがあるのですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です