ニキビ跡のシミを簡単に消す方法

ニキビで悩まされる人も多いかと思いますが、ニキビ跡のシミで悩まされている人も多いのではないでしょうか。
せっかくニキビが治っても、シミになってしまっては大変です。
ニキビ跡のシミを自宅でも簡単に消すことはできるのでしょうか。

ニキビ跡のシミにも種類があります。
一般的なニキビ跡のシミは、茶色く残るものです。
ニキビが悪化すると炎症を起こしてしまうのですが、炎症を起こしたニキビが治った後に茶色いシミが出来ることが多いです。
ニキビ跡の茶色いシミは、炎症を起こす時にメラニン色素が大量に生産されることが原因となっています。
健康な肌であれば、メラニンが多少たくさん生成されたとしても肌のターンオーバーで少しずつ排出されていきます。
しかし、ニキビの炎症が悪化して肌内部にまでダメージを受けた状態では、ターンオーバーもスムーズに行われずメラニン色素が茶色いシミとなって残ってしまうのです。
このようなニキビ跡の茶色いシミは、優れた美白作用があるハイドロキノンという成分を含む軟膏でのお手入れが有効です。
ハイドロキノンには、シミの原因であるメラニン色素が作られるのを抑える働きや、メラニン色素を作るメラノサイトそのものを減少させる働きがあります。
肌の漂白剤とも呼ばれる優れた美白効果が期待できる成分です。
美白効果で知られるビタミンCやプラセンタよりも10倍から100倍ほどのパワーがあると言われています。
ですからニキビ跡の厄介な茶色いシミも、ハイドロキノン配合の軟膏でお手入れすれば少しずつ消していくことができます。
ただハイドロキノンには、痛みや痒み、乾燥などの副作用もあるので使用には注意が必要です。
赤黒い、紫がかった色のニキビ跡もあります。
これは茶色いシミとはまた違うメカニズムで発生しています。
ニキビの炎症や化膿が悪化すると、肌内部の真皮までもダメージを受けます。
毛細血管が破壊されて、血液が細胞に漏れ出してしまうことが原因となっています。
このような赤みのあるニキビ跡のシミは、肌のターンオーバーを正常にすることで少しずつ薄くしていくことができます。
ターンオーバーを正常にするためには、成長ホルモンの働きを活性化することが大切です。
成長ホルモンは肌のゴールデンタイムと言われる夜の10時から深夜2時までに最も多く分泌されているので、この時間にしっかりと眠ることが大切です。
またバランスの良い食事や適度な運動、こまめな保湿ケアなどの基本的なこともターンオーバーを促進する上で大切です。

厄介なニキビ跡のシミも正しいお手入れを続けることで消していくことができます。
茶色のシミにはハイドロキノンが有効ですが、十分な睡眠や保湿ケアなどの基本的なケアも大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です