シミのレーザー治療をうける前に知っておきたい事

シミを消すのに即効性が期待できる美容皮膚科のレーザー治療ですが、うける前に知っておきたい事がいくつかあります。

シミのレーザー治療を受けた後には正しいアフターケアが必要ですし、普段の生活の中でも注意したい事があります。

間違ったケアをすればシミが悪化してしまう可能性もあるので、事前に正しい知識を持っておきましょう。

美容皮膚科でレーザー治療を受ける前には、その後どのような経過をたどるのかを知っておくことが大切です。

レーザー治療を受ければすぐにシミが消えて、キレイな肌になるわけではありません。
施術を受けた直後のシミは、施術前よりも濃くなり茶褐色になっています。
これは一時的なもので心配はありません。

シミのあった皮膚がレーザー治療によってかさぶたとなり、新しい皮膚へと生まれ変わろうとしているのです。

ですからレーザー治療を受けた直後には、患部を清潔に保つことが大切です。
軟膏やガーゼなどが皮膚科から処方されるので、自宅でもこまめに軟膏を塗りガーゼや絆創膏で患部のお手入れをしていきましょう。

患部を覆い乾燥から防ぐことで、スムーズに皮膚組織が修復されるので色素沈着も起こりにくくなります。

軟膏を塗る時には、決して皮膚をこすってはいけません。

やさしく塗ることが大切で、清潔を保つためにはこまめにガーゼと絆創膏を取り換えることも大切です。

レーザー治療から3日から5日くらい経つと、かさぶたが出来てきます。
ここで大切なのが、かさぶたをはがさないことです。

かさぶたをはがしたくなる人もいるかも知れませんが、ここで無理にはがしてしまうとせっかく修復されている皮膚まで一緒にはがれてしまいます。
炎症や色素沈着が起こる可能性があるので、かさぶたが気になっても決して触ったり掻いたりなど刺激を加えないようにしましょう。

1週間から2週間経過すれば、かさぶたも自然にはがれて薄い新しい皮膚が再生されてきます。

この時期の皮膚はとてもデリケートです。

紫外線から守るためにこまめに日焼け止めを塗り、低刺激の化粧品を使って保湿ケアもこまめに行いましょう。

レーザー治療から1か月から3か月経過すれば、少しずつ皮膚が厚くなってきます。
かなり周囲の皮膚となじむようになってきますが、さらに紫外線対策と保湿ケアを続けていきましょう。

レーザー治療を受けたら特に直後のお手入れが大切で、刺激を与えないよう丁寧にお手入れしていきましょう。

皮膚が徐々に再生されていく期間は紫外線対策と保湿ケアが大切で、これがレーザー治療の効果も左右します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です