膨らみのあるシミを治すスキンケア

シミにもさまざまな種類があるのですが、イボのように膨らみのあるシミもあります。
脂漏性角化症と言われるシミの一種で、30代以降の方に多く見られます。
見た目的にもとてもきれいとは言えないシミなのですが、普段のスキンケアで治すことはできるのでしょうか。

膨らみのあるシミは、脂漏性角化症と言われ30代40代くらいから見られるようになります。
年齢とともに増えていく良性の腫瘍で、老人性イボと呼ばれることもあります。
原因は遺伝的な要素や、皮膚の老化であると言われています。

髪の生え際や首元、デコルテ部分などに発生しやすいシミで、色は茶色や黒っぽい目立つものから、白っぽいものもあります。
ぽつぽつとした膨らみのあるシミなのでほくろのようにも見えますが、放置しておけば次第に大きくなる可能性があります。

ほくろよりも複数ぼつぼつと出来るのが特徴です。
ほくろは皮膚の下で発生しますが、脂漏性角化症は皮膚の外側で発生するもので古い角質の塊だとも言われています。

顔や首などの目立つところに出来るシミなので気になっている方も多いでしょう。
脂漏性角化症は、顔や首以外にもワキの下やわき腹、腹部、太ももなどの隠れた部分にも発生し、手のひら、足の裏以外であれば全身どこでもできると言われています。

基本的に痒みも痛みもないものですが、たまに痒みを伴うものもあり、厄介なのは自然に消えないということです。
悪化してガンになるようなことはありませんが、やはり見た目的にとてもきれいなものではありません。

短期間に広がることも多いので、首元やデコルテで広がった場合にはとても気になるものです。
脂漏性角化症は、皮膚科で除去することができます。

皮膚科では、液体窒素で脂漏性角化症が出来た部分を凍らせてからかさぶたにして除去する方法と、局所麻酔をしてからハサミで除去する方法があります。
すぐに取り除きたい場合には、麻酔をしてからハサミで切る方法が一番ですが少し怖そうです。
脂漏性角化症は自宅で出来るスキンケアでも治すことも可能です。

ハトムギエキスのことであるヨクイニンエキスは、脂漏性角化症を除去するのに効果が期待できると言われています。
ハトムギにはターンオーバーを促す作用があるので、古くなった角質の塊である脂漏性角化症を除去するのにも期待できるといわれています。
ヨクイニンエキスが配合された脂漏性角化症ケア専用のジェルも販売されているので、自宅で治したい方にはおすすめです。

膨らみのあるシミ、脂漏性角化症は、30代40代くらいから徐々に首元やデコルテ部分などに目立つようになります。
そのまま放置していても自然に治ることはないので、専用のジェルなどで対処していきましょう。